2012年04月16日

乙女と龍と893の話

プロットです。

私のプロットが今のところ全部ファンタジー系なのは
舞台が現代のものは作りやすいからだよ☆
ファンタジー系は例えば食器一つにしても自分で設定していかないとだから
すんごい暇とやる気が無いと作る気になれないからね。
そもそも作ったことない気がするわ・・・。


今回の舞台は
東南アジアの小国。大河を中心に生活しているような国。


短いかも。続きを読む
posted by コゼニ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

赤い宝石と海賊の話


海賊をテーマにした話で、題名は「星の船」でした。
3部作?になっていて2つ目に位置するのがこの話です。
まぁ、1つ目と3つ目はなんか短かかった。

たぶんゲームを想定して作っています。


舞台
やっぱりヨーロッパで新大陸発見が流行ってた頃のイメージ。
ある程度大きな国が何個が出来上がっている。
積極的に戦争をしたりはしないけどお互い虎視眈々と狙うみたいな。



登場人物

☆男の子:でかい国の第18王子(しかも王妃の子じゃない)とかいう微妙な王子様。
国策として海賊業を営んでいる。14歳ぐらい。明るい。元気。
とても適当にやっかい払いされてるような感じ。
たしか名前はカロン。たぶん「軽んじる」からきてる。
たぶんオッドアイです。片目が赤い。隠してるかも。


☆女の子:12歳〜14歳?ぐらい。一応姫の扱い。ほぼ幽閉されてる。
ややこしいんだけど本来は80歳ぐらいなんだけど、とある事情で年をとらない。
先々代の王の娘で、現在は甥っ子の息子が王位を継いだところ。
子供の姿をしたおばあさんみたいな性格。色々諦めてる。
名前はリザ。本名はエリザベート。この意味は上に2〜3人同じ名前の人がいるってこと。


☆男の子んとこの船員:いかにも学者っぽい口うるさくて、でもカロンに同情的で優しいおじいさんがいる。
後は覚えてない。後、5人ぐらいはいるだろうなぁ。


☆王妃?国母?:70歳ぐらいのおばあさん。国での女の子の唯一の味方。
名前は一応マルガレーテで。

☆星の船に乗ってる人:ひねくれた言い方をする。続きを読む
posted by コゼニ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

エイプリルフールの動画のプロット

続きを作ることはきっとないでしょうけど。

何の意味もないから・・。


気に入った方がいれば名前やら色々変えて作るのはいいかもですね。



ちょっと忙しいので雑です。

もともと雑に書いてますけど。

雑に書いたつもりなのにえらい長くなりました。っふ。

続きを読む
posted by コゼニ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

政略結婚をする姫と騎士の話

プロットは小説などとは別物ですので、ご注意を。

=小説だと思って見たら、何も面白く無いです。



舞台:ヨーロッパの15世紀ぐらいのイメージ
   主に貧しい小国から嫁ぎ先の大国までの道中劇
   時代に即すつもりはないです。



登場人物

姫:小国の3番目ぐらいの姫。政略結婚を強いられる。16歳ぐらい。
性格は細かく考えてないけど親と対立してまで我が道を進むタイプではない。
兄がいて、兄と騎士Aが友達。

騎士A:姫の幼馴染。従兄弟でも良い。彼も政略結婚をするような立場の人間。
おぼっちゃまで自分の立場をよく理解している。自ら道を切り開くタイプではない。

騎士B:Aより王家から縁遠い人の子供。イケメンなんじゃない?
心の底から願ってはいないが騎士Aと成り代わりたいと思ったりする。人間だもの。
ジョーカー的な役割。

嫁ぎ先の王子:ほぼ出てこない。大国の第二王子。体は弱い。若く健康な新妻を欲す。
結構いい人。でも親の王はちょっと怖いイメージ。出てこないけど。



主役の2人に対するイメージがそこそこアバウトなので結構適当に作ってます。

そもそも大昔にRPGツクール用に作ったものです。スーファミの。

マップ作った所で飽きたけどな!


続きを読む
posted by コゼニ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
clapping_45.gif ← ぽちっとね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。