2012年04月11日

エイプリルフールの動画のプロット

続きを作ることはきっとないでしょうけど。

何の意味もないから・・。


気に入った方がいれば名前やら色々変えて作るのはいいかもですね。



ちょっと忙しいので雑です。

もともと雑に書いてますけど。

雑に書いたつもりなのにえらい長くなりました。っふ。


多な舞台:豊かな王国。多少工業も発達してきたヨーロッパなイメージ。
 でも主な産業は農業です。神に祝福された土地と周囲から言われる豊かさです。
 宝物庫に賢者の石が入っている?(王冠についている?)
 12年?ぐらい前から妙な事件が多発し、王も民を虐げます。
 城下町には革命軍ができつつあります。


登場人物

☆エヴァートン・アッカー
賢者の石を作り出した?人の直系の子孫であり、現在はただの農民。
王国からは離れた山奥の村で暮らしていました。
息子が行方不明になってしまい探すために王国に戻ってきます。

☆アマンド・アッカー
エヴァートンとリペカの子。12歳〜14歳ぐらい?
カルラに唆されて王国に連れ去られてしまいます。

☆リペカ・アッカー
亡くなっています。エヴァートンの妻。元巫女様。



☆ロナルド・ガイダル
自分の不甲斐なさに悩みながらも頑張る王子様です。
変装して革命軍に参加します。

☆アンドレス・ガイダル
王です。気が狂ったと言われたりします。
12年前?にアミナの子を殺しました。

☆ブリジット・ガイダル
王妃です。亡くなってます。元巫女様です。
「王妃の亡霊を見た」という話がしょっちゅう出ます。



☆アミナ・ホワイト
誰の血縁者かはよく変わるのですが、とりあえず元巫女様です。
誰と夫婦なのかもよく変わります。
わが子を殺されています。悲しみを心の奥に秘めても平和な生活を望みます。
元巫女故に王国の異変に敏感で近づきたくないと思ってるだけかも。

☆アンガス・キャニング
アミナとロナルドとかなり親しい仲です。王宮で働いていました。
アミナと逃げ出した時捕まったのはロナルドのせいだと思っています。
よく怒る人です。革命軍に参加します。


☆カルラ・デュトロン
現在王国にいる唯一の巫女です。
人知れず自殺を図っています。アキくんが関与している設定です(ごめんね)
賢者の石に取り憑かれています。



☆シルヴィア・ハーティリー
王宮で働く女性近衛兵隊長。(ごめんね戦士のイメージが強くて)
中の人がいるキャラなのであまり濃い設定をつけていません。
主に巫女達の近辺を守っている。細身で背の高いイメージです。
本人とは異なります。

☆アキ・ルマ・カザグ
王宮で働く男性近衛兵隊員。シルちゃんの部下かどうかは決めてません。
チャラいイメージです。上記同様本人とは異なります。


☆ペンネ
革命軍に雇われた傭兵?正体は賢者の石を狙った隣国の戦士です。
かなりの剣術の使い手で、主要人物だとアンガスより強いということになっています。
革命軍で王子の正体を見破り、脅して賢者の石探しの手伝いをさせます。


☆革命軍のリーダー
考えたようで考えてないです。まぁアンガスでいいのかも。




---------------------------------------------------------

動画からの続き。

革命軍に参加するアンガス
ペンネと変装したロナルドもいます。
会合の後、ペンネがロナルドを脅迫。


城の中での様子。
近衛兵達とカルラ様、王。別個に。
シルちゃんだけがロナルドが外出しているのを知っています。


(中略)

革命軍が城に突入します。遅れてエヴァートンも。
王がロナルドを呼んだかなんかでアンガスがロナルドに気づき殺そうとして
途中なんだかんだでほだされたペンネが助けに入ります。
アンガス「これだから女は」
ペンネ「これは王子ではない。ただのロナルドよ」みたいな。

城の中で革命という事態に焦ったエヴァートンが神殿に向かいます。
巫女もおらず、ご神体?が偽物であることに呆然としてるところに
アンガスがやってきて見つかりすごい怒られます。
アンガス「いまさら何をしに来たエヴァートン!」
12年前?事変の時にエヴァートン達がまっさきに逃げたからです。(リペカの要求だけど)
神殿の事態を説明しようとしますが怒りすぎて聞いてくれません。

城のある岩盤?大地が光り、地震・地鳴りが起こります。
賢者の石というのが城の立っている一枚岩の事であり
その力は昔、強大な生き物を封じ込めたからであることが明かされます。
巫女の仕事はその生き物が目覚めないよう寝かし続けることです。
封じ込められてから時が過ぎ、人は必要なことを忘れ
常に3人はいた巫女もとうとうカルラ一人になり
目覚めてしまった生き物は人の心の弱さにつけこみ、カルラの体を奪い
まず自分を封じ込めた人間の子孫・封じ込める力を持ってそうな人間を皆殺しにしようとしていました。
岩から完全に離れることが出来ないので、
自らの爪が届く場所に12年前?に逃げ出した人たちを集めようと画策していたのです。

ブリジット王妃の亡霊があらわれて、王もすでに賢者の石の支配下であると言われます。
ブリジット「これは私達がすべきことを軽んじてきた結果です」

誰が戦うのか知らないけど、ここらで戦闘があった方がいいかも。
敵はアンドレスやカルラかな。

リペカの亡霊がアマンドをつれてあらわれます。
アマンドは王国に入った時ぐらい?にブリジットによって救いだされています。
アマンドを触媒に亡くなった3人の巫女で生き物を再び封じ込めようという作戦です。
幼い子供?血筋?が触媒になるためアミナの子は殺された設定です。
たぶん昔も同様の作戦だったんでしょう。

アミナの亡霊が登場します。アミナは人知れず亡くなっています。
巫女は戦うすべがないためアンガスが出発したあとあっさり殺されています。

アミナの亡霊を見てアンガスが動揺します。
アミナが優しく微笑んで、アマンド達の方に向かいます。


イメージ的には城を中心に光で魔方陣が描かれる感じかな。
生き物が再び封印されます。


エンディングです。
アンガスは旅に出ます。まずはアミナの墓のある村に・・。
アマンドは神官として城に残ります。
ロナルドはペンネに隣国に連れ去られます。
エヴァートンは国に議会を作ります。王政は廃止されます。

おしまい。
posted by コゼニ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
clapping_45.gif ← ぽちっとね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。